薄毛と聞けば男性のAGAを思い浮かべますが、最近では女性も薄毛に悩んでいる方が多いようです。女性の薄毛について言及する、貴重なサイトです。

  • ホーム
  • 髪の毛が薄くなったなと思ったらエクステで補助

髪の毛が薄くなったなと思ったらエクステで補助

ショートヘアの人でも簡単にロングヘアになることができるエクステ。
若者だけのおしゃれだというイメージも大きいかもしれませんが、実は髪のボリュームも一緒に増やすことができるので髪の毛が薄いことが悩みという人にもおすすめのメニューです。

髪の毛が薄いと老けた印象に見えたり、頭皮が透けて見えることが気になってしまいます。
エクステは自分の髪に人工の髪の毛や人毛を編み込んで長さやボリュームを出すことができるので、手軽に増毛できるのです。

エクステを付けることは根本的な解決にはなりませんが、今すぐ何とかしたいという願いはかなえることができます。
エクステは専門店もありますが、比較的どこの美容院でも受け付けてくれることが多いようです。
美容師さんと相談しながら理想の量や長さになるように本数などを決めていきましょう。

エクステは一度つけてから大体1ヶ月から2ヶ月で取り換える必要があります。
これはエクステを頭皮に近い部分で編み込むため、時間が経つと毛が成長してくるため違和感を覚えるようになるためです。
取る時も美容院に行くことになるため出費はかさみますが、白髪染めやパーマに比べれば髪の毛が傷むこともありません。

また、髪の毛が薄くなるとトップに真っ先に影響が出ますが、エクステは好きな場所に好きなだけ装着することができます。
色は、派手なビビットカラーももちろんありますが、自然な黒やブラウンなど自分の髪になじむ色もあります。
気になる色をポイントメッシュのように編み込んだりしてもよいアクセントになるかもしれません。

エクステの装着部分は編み込みをしていくため、あまりにも短いショートヘアでは付けることができません。少なくても5cm、できれば7cmくらいの髪の長さがあると安心です。
多くの美容院では編み込みエクステが主流ですが、専門店ではチップエクステ、シールエクステ、超音波エクステなど装着方法にも種類があります。
自分にぴったりの方法を見つけてトライしてみてはいかがでしょうか。

頭皮の色を隠すだけでいいならふりかけ増毛もおすすめ

髪の毛が薄くて悩むポイントとなるのが、肌色が透けて見えてしまうことではないでしょうか。
これは、髪の毛を伸ばしても解決しないため、エクステなどの方法で髪の毛自体を増やすことが重要です。
しかし、もともと髪が細い人や抜けやすいといった悩みがある場合はエクステでの負担も心配になってしまいます。

そこで、エクステよりもリーズナブルでスピーディーな解決方法としておすすめなのがふりかけ式の増毛です。
これは黒や茶色などの繊維を頭皮にふりかけることで今生えている地毛にまとわせ太く見せ、頭皮の肌色を覆い隠してしまうというもの。
いつでもサッとふりかけるだけで気になる部分がカバーできるので、ちょっとしたお出かけ時にも便利です。

ただ、繊維が汗で落ちたり、風で飛んでしまったりということも心配になります。
ふりかけ増毛を使う場合は繊維を定着させるための専用スプレー、または市販のスタイルキープスプレーを必ず使うようにしましょう。
最近では品質改良も進み、雨や汗にも強い製品が発売されています。
より使いやすく、自然に見える工夫がされていますので、ショートヘアをキープしたまま増毛をしたいという人におすすめです。

ふりかけ増毛を使うコツは、まず自分の髪色にあったカラーを選ぶこと。中には白髪隠しの効果があるものもあるので、白髪を隠して自然にボリュームアップも可能です。
そして、一度にたくさんふりかけると地肌まで色がついてしまうので、少しずつ重ね付けするのがポイントです。

また、ふりかけるときに周りにパウダーが飛び散ることがあるので、白い服などを着ている時は注意しましょう。
専用スプレーがついていない場合は、市販のスプレーで定着の強さが変わってきますので、相性のいいスプレーを見つけるのもポイントです。