薄毛と聞けば男性のAGAを思い浮かべますが、最近では女性も薄毛に悩んでいる方が多いようです。女性の薄毛について言及する、貴重なサイトです。

  • ホーム
  • 妊娠中に使ってもいい育毛剤はどんなもの?

妊娠中に使ってもいい育毛剤はどんなもの?

妊娠中に髪が薄くなったと感じる方も少なくありません。
ホルモンのバランスが大きく変わる、妊娠中は髪が抜けやすくなる時期です。
キレイなお母さんになるためにも、少しでも抜け毛を抑えるために、育毛剤でのケアに取り組みたいものです。
ですが、ホルモンだけでなく肌のバランスも変化しやすい妊娠中、お母さんもお腹にいる赤ちゃんにも副作用などの悪影響が無い安全な育毛剤を選んで、使用する必要があります。

どうせ使用するのであれば効果の高い育毛剤を選ぼうと考えてしまいがちですが、妊娠中は肌トラブルを起こしやすい時期なので、できるだけ刺激の少ない育毛剤を選びましょう。
天然成分で作られている育毛剤は、比較的刺激が少なく妊娠中でも安心して使用する事が可能です。
自然由来の成分を使い作られている育毛剤であれば、赤ちゃんへの影響もないでしょう。
ただ、天然成分をメインとした育毛剤であっても、実際に使ってみなければ頭皮に合うかどうかは分かりません。

まずは、パッチテストから行い徐々に、頭皮に塗布する量を増やしていきましょう。
また、できるだけ無添加処方で作られている育毛剤を選ぶのも大切です。
鉱物油や石油系界面活剤、合成香料や着色料といった成分は肌への刺激となりやすいと言われています。
これら成分の刺激によって頭皮環境が悪化すると、かえって抜け毛が増えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

鉱物油や石油系界面活性剤などの成分は、妊娠中でなくても出来るだけ使いたくない成分となっています。
特に肌トラブルを起こしやすい妊娠中は避けたいものです。
市販されている育毛剤の中には、このような成分が入っていない無添加処方の商品もあるのでチェックしてみましょう。

妊娠中に使用する育毛剤は、お母さん・赤ちゃん両方にとって安心・安全な商品を選ぶべきです。
今は妊娠中でも使える育毛剤が多く販売されているので、抜け毛に悩んでいる方は使ってみてはいかがでしょう。

ミノキシジルは妊娠中に使ってもいい?

市販されている育毛剤には色々な成分が含まれています。その中でも特に育毛効果が高いと言われているのが「ミノキシジル」です。
ミノキシジルは医療機関での薄毛治療にも、用いられている成分で髪を生やす効果に優れています。

ミノキシジルは血管を拡張する効果を持つ成分です。
頭皮につけると血管が広がり血流が良くなる事によって、毛根に多くの栄養素や酸素を行き渡らせるようになります。
栄養素や酸素が十分に毛根へと行き渡れば、健康な髪を作りやすくなるというのがミノキシジルの働きです。
また、髪の細胞分裂を促す成長因子も増やす効果があると言われています。

髪を太く育てる効果のあるミノキシジル、妊娠中の薄毛対策としても使いたいという方も多いのではないでしょうか。
育毛効果に優れているミノキシジルですが、妊娠中にこの成分を配合した育毛剤でケアする事はおすすめできません。
ミノキシジルは医薬品ですので、副作用を起こす危険性があるからです。

ミノキシジルは元々、高血圧の治療にと開発されました。血管を広げる作用によって、高い血圧を正常値まで下げます。
血圧が正常な人がミノキシジルを使うと、血圧が必要以上に下がってしまい、めまいやふらつきなどの副作用を起こす危険性があります。
また、かぶれやかゆみといった肌トラブルも副作用として挙げられているので使用には注意が必要です。

また、妊娠中にミノキシジルを配合した育毛剤を頭皮に塗布すると、血液内に入り込んだミノキシジルが赤ちゃんに影響を与えるというデータもあります。
母乳にもミノキシジルは移行してしまうため、妊娠中だけでなく授乳中の使用も避けたい成分です。
ミノキシジル配合の育毛剤でケアしたい場合は、赤ちゃんの健康のためにも授乳が終わった時期から使用するようにしましょう。