薄毛と聞けば男性のAGAを思い浮かべますが、最近では女性も薄毛に悩んでいる方が多いようです。女性の薄毛について言及する、貴重なサイトです。

  • ホーム
  • 女性の薄毛とは!女性用育毛剤、治療法などご紹介

女性の薄毛とは!女性用育毛剤、治療法などご紹介

きれいな髪を持っている女性

成人男性の5人に1人は薄毛や脱毛の悩みを抱えていると言われています。そのほとんどはAGA・男性型脱毛症です。
遺伝はもちろん、男性ホルモンが影響して額の生え際や頭頂部から薄くなっていくのです。年齢を重ねた男性だけでなく、早ければ20代頃から薄くなる方も。
とはいえ、女の人だって油断していてはいけません。男性ほどではないにしろ、10人に1人は薄毛問題を抱えているのです。
こちらもある程度の年齢になった方だけではありません。まだ若いうちでも薄くなる可能性はあります。男性用だけでなく女性用育毛剤というのもあります。
その原因や抜け毛のメカニズムを知り、コンプレックスが解消できるように男女共に頑張ってください。

女性は薄毛だとどんな問題が起こるか

髪は「女の命」とも言われます。もしも薄くなってしまった場合、コンプレックスの強さは男性以上でしょう。
ホルモンの影響もあり、たとえ進行していっても男性のように完全になくなってしまうということはなく、あくまで薄くなるだけです。
とはいえ深刻さは圧倒的です。男なら思い切って丸坊主にしてしまうというはげ隠し方法もあるのですが、そうはいきません。
それに、男性だと5人に1人ですから周りを見回せば同士もいっぱいいます。
ですが、10人に1人だと周りのお友達はまだフサフサとしているのに自分だけが薄いとコンプレックスは高まる一方です。
ただ単に薄くなるというだけでなくコンプレックス問題があるため、精神面に大きく影響を与えます。
鏡を見るのが嫌になっておしゃれに身が入らなくなったり、人と会うこともできなくなったりと日常生活にも影響してくるのです。

薄毛になるということは、そうなる原因がどこかにあるはずです。
特に40代以降の方に多いのが更年期によるホルモンバランスの乱れです。
薄毛以外に気持ちのイライラやホットフラッシュ・胸の痛み・頭痛・頻尿・肥満化・めまい・ふらつき・耳鳴り・体のだるさ、といったあらゆる症状が一緒に起こっているはずです。
それにプラスして髪の毛もどんどん抜けていったり細くなっていくのですから不安も高まるでしょう。
眠れなくなったり精神面で参ってしまってうつ状態になる方も。そうなると健康面でも悪影響が出てくるでしょう。
うつが悪化して自殺に至ったりと命にも関わってきます。

そこまでの重篤な状態になる前に、原因を突き止めるようにしてください。
女性用育毛剤もたくさんあります。更年期のためのお薬だってあります。
もちろん、それらの専門の病院に行って医師の処方したお薬を服用するようにしてもよいでしょう。
うまく活用しながらこれ以上薄くならないように問題を解決することが大切です。

男性以上に脱毛の進行の仕方はおそく、徐々に時間をかけて薄くなっていきます。
男性以上に毎日きちんと鏡を見ているからこそ気がつきにくいという点もあります。分け目や頭皮など日頃から注意しておいてください。
薄毛の進行を止めることはできても、一度薄くなったものをまた生やすのは大変なことです。
男女共にまだ決定的な原因が一つに特定されていない以上は、薄毛を完治させるお薬というのはないのです。

とはいえ、育毛剤はもちろん、ウィッグなどもさまざまあります。
思い切ってショートヘアにイメチェンするのも良いでしょう。
美容院でお願いしてみれば薄毛が目立ちにくい髪形にしてくれたり、ヘアアレンジの方法を教えてもらえるはずです。
コンプレックスで押しつぶされること無く、薄いなら薄いなりのおしゃれを楽しんでください。
男性以上にさまざまなアレンジ方法があるため、周りに気がつかれることなく楽しく毎日を送っている方も大勢いるのです。

男性も女性もまず薄毛の原因を突き止めるのが大事

「5人に1人」「10人に1人」、というのは現代社会における薄毛問題を抱える方の数です。
昔はもっと少ない数字でした。そして今、その数はどんどん増えています。その原因となるのはやはり現代人の生活でしょう。

現代社会はストレス社会と言われています。
今や男女共にそんな社会で働き、人間関係や仕事のストレスをため、忙しいからと食生活も乱れ、睡眠時間も削られ、そんな毎日が薄毛問題を悪化しているように思われます。
とにかく痩せたいからと無理な食事制限をしたりもしていませんか。
髪の毛にとって必要となる栄養が不足し、少ない栄養分も血液がドロドロで行き届かず、という状態なのですから髪の毛が細く頼りなくなるのも当然です。
生活の見直しをしてください。男性同様、遺伝も関係はしています。ご両親が薄毛や抜け毛で悩んでいるというのであれば、特に注意してください。
そんな生活を続けていると生活習慣病も引き起こされます。ドロドロ血液で血管が詰まったら脳梗塞などの重篤な病気になってしまいます。
体からのサインを見逃さないようにしましょう。

昔と今で違う点として、男女共に美容意識が高まっています。
男女共に通えるエステサロンや審美歯科など美容関係の施設の数は急激に増えています。
だからこそ無茶なダイエットをして抜け毛を招いているわけですが、汗臭さや不潔さというのも最も嫌われるもの。
だからといって頭皮を洗いすぎていませんか。
しっかりと泡立てて洗浄する毎日は清潔感たっぷりに思えて気持ちが良いものでしょうが、実は洗いすぎて逆に頭皮に負担がかかっている場合もあります。

ドラッグストアやスーパーに置いてある一般的なものであれば石油系、あるいは高級アルコール系の洗髪剤でしょう。
「高級」とは言っても高いというわけではなく「炭素数が多い」という意味です。炭素数が高ければ高いほど、泡立ちはよくなります。洗浄力も強くなります。
だからこそ良いというわけではなく、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。

食事バランスも考えているし、ストレス発散方法も身につけている・休息もしっかり取っている、それなのに抜け毛が収まらないというのであれば、洗髪のやり方を変えてみるのもよいでしょう。
おすすめはアミノ酸系洗髪剤です。一般的に育毛用と呼ばれているのはこのタイプです。
髪の毛を構成するタンパク質の元となるアミノ酸を配合してあり、頭皮に優しく、頭皮や髪の毛の栄養分ともなります。
少しお値段は高くなりますが、大切な髪の毛を守るためです。

それ以外にも、更年期はもちろん生理前に抜け毛が増えるというのであればホルモンバランスの乱れが原因となりますし、紫外線を浴びることにより頭皮が乾燥している場合もあります。
抜ける原因によって対策は違ってきます。原因は一つであったり、複数の原因が絡み合っていることも。まずは突き止めて、それにあった対策を行いましょう。

人気記事一覧
アーカイブ