薄毛と聞けば男性のAGAを思い浮かべますが、最近では女性も薄毛に悩んでいる方が多いようです。女性の薄毛について言及する、貴重なサイトです。

  • ホーム
  • 女性の産後の抜け毛について、期間や対処法

女性の産後の抜け毛について、期間や対処法

産後に多くの髪の毛が抜けて不安に感じる人は多いでしょう。実は約7割の人が経験する症状だと言われています。
産後の抜け毛は産後脱毛症とか分娩脱毛症と呼ばれています。

妊娠と髪の毛は大きな関係があるのです。
妊娠期間には黄体ホルモンであるプロゲステロンと卵胞ホルモンであるエストロゲンが増加していきます。
特にプロゲステロンの分泌が大幅に増加していきその量は出産前後にピークを示します。
もともと髪の毛は女性ホルモンの影響を受けているものであり、妊娠中にそのホルモンが増加することで本来抜け落ちる髪が抜け落ちにくくなり、知らず知らずの内に毛量が増えていることが多いのです。

産後にホルモンの分泌が元に戻ることで、髪の毛が抜け落ちるという現象がおきてくるのです。
髪の毛は一定のサイクルで生え変わっており、成長期、後退期(抜け落ちる)、休止期があります。
髪の毛が抜け落ち、休止期にはいるとしばらくそのままの状態が続き、一時的に髪の毛の少ない状態になることもあります。
その期間はどのくらいかというと休止期の2から3か月の時を過ぎると髪の毛は生えはじめ、通常半年から1年で元のサイクルに戻ると言われています。

産後の抜け毛は生理的なものでほとんどの場合全く気にする必要はないのです。
しかし、より早く回復したいと願う気持ちは多くの人が持っていると思います。
その対処方法は規則正しい生活、良質の睡眠、ストレスを溜めないという事になります。
とは言え、赤ちゃんが生まれ、授乳や世話で睡眠不足になったり、生活のリズムが変わってしまうのは避けることはできません。食事の工夫も対処法の一つです。

カルシウムは髪にツヤやコシを与えてくれます。
タンパク質も大切です。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれます。タンパク質は髪を作る基になる成分です。
ビタミンB群は頭皮の環境を整え、たんぱく質とともに髪を作る役割を果たします。代謝を促し、髪を生えやすくします。
髪の主成分であるケラチンというたんぱく質はVB6がないと作られません。加えて鉄や亜鉛というミネラル成分も髪を育てる役割をします。
産後の抜け毛対策としてはバランスのよい食事をとり、ゆとりをもって、パートナーの協力もえてストレスを溜めない生活を送り、子育てを楽しむことです。

妊娠中の抜け毛で男の子か女の子か見分けれる?

妊娠中の抜け毛で生まれてくる子供が男の子か女の子か見分けられるかというと、それは予想や想像の範囲のものです。
そもそも妊娠中は抜け毛が生じる可能性は女性ホルモンの関係できわめて低いということになります。
妊娠中の女性はプロゲステロンという女性ホルモンが増え、このことがイライラやゆうつ等の精神的に不安定になる時期があり、それが自律神経に影響してしまい抜け毛が発生する可能性はありますが、極めて少ないでしょう。

抜け毛の他にも母親の変化で生まれてくる子の性別がわかるという迷信的な見分け方がいくつかあります。
よく知られているものにつわりが強いと男の子、弱いと女の子とかお腹が突き出て尖っていれば男の子、横に平べったいと女の子、母親の顔つきがきつくなると男の子、やさしくなれば女の子等があります。

これらはいずれも超音波検査が導入される前に信じられていた、迷信的な判別方法に過ぎません。
経腟超音波検査では赤ちゃんの姿勢など条件がそろっていれば妊娠12週で性別が判明することもあります。一般的には20週を超えるとほぼ正確に判断できます。

迷信的な方法もゲーム感覚で楽しんでみるのもよいでしょうが、根拠のないことなのです。
女性にとって妊娠出産は人生の中でも大きな出来事です。楽しみでもあり、不安もつきまといます。
昔は家の「あととり」として男の子が望まれていた時代もあり、子どもが生まれないとか女の子が続くと女腹と言われて嫌われたこともありました。
そのことが母親に大きなストレスを与えていたころ、産後に髪の毛が抜け落ち、生えてこないなどという悩みは多くあったようです。
抜け毛は内面的にも、外見上もデリケートな問題であり、ゆとりをもっておおらかに対処することが大切です。