薄毛と聞けば男性のAGAを思い浮かべますが、最近では女性も薄毛に悩んでいる方が多いようです。女性の薄毛について言及する、貴重なサイトです。

  • ホーム
  • 女性に多い!シャンプーの洗い残しによる薄毛

女性に多い!シャンプーの洗い残しによる薄毛

薄毛が気になる方は、シャンプーなどケアのためのアイテムを高いものに買い替えれば解決するという安易な考え方ではいけません。
シャンプーの洗い残しなどやり方を間違えてしまうとかえってダメージを与えることになってしまうからです。

せっかくシャンプーを薄毛対策のために買い替えても、洗い残しで薄毛を進行させては意味がありません。
女性に多いタイプの失敗ですから、注意するようにしましょう。
女性の頭皮は特にデリケートですから、同じシャンプーを使ってもやり方の失敗によって薄毛の原因を作ってしまうことが多くなります。
効果をキチンと得るためには、正しいやり方を身につけましょう。

シャンプーの役割は髪や頭皮の汚れを落とすことです。
そのため、髪や頭皮に残ってしまうと悪影響が出る成分も入っています。
女性向けのシャンプーでは髪によい成分が入っているものも多いため、残したほうが良いのではないか、と、考える方もいらっしゃいます。
しかし、シャンプーの目的はあくまで汚れを落とすことですから残してしまうのはよくありません。しっかりとすすぎましょう。

女性の場合にはシャンプーだけでなく、リンス、コンディショナーやトリートメントなどの洗い残しも多いです。
成分を髪や頭皮に残すためにすすぎを軽くしているという方は要注意です。
リンスやコンディショナー、トリートメントなどは頭皮ではなく、髪につけるように処方されています。
また、しっかりすすいでも説明書に従って使用すれば効果が得られるようになっていますので、我流でアレンジするのはよくありません。
説明書に従って洗い残しのないように使用しましょう。

女性は髪が長い方も多いですし、シャンプーを完璧に洗い流そうとすると思っている以上に時間や手間がかかります。
基本はシャワーを使ってしっかり洗い流すのがよいです。洗い流す時間は3分程度は必要です。
シャワーを流しっぱなしにするのが勿体ないという方は、洗面器にお湯をためておいてつけこむようにして洗うというひと手間を加え、仕上げにシャワーで洗い流すという方法もあります。
しっかりすすいで洗い残しを防ぎましょう。

セルフヘッドスパのやり方と効果

薄毛が気になるという方は、ヘアケアにセルフヘッドスパを取り入れるという方法もあります。
セルフヘッドスパのやり方は、色々とあります。指圧やマッサージを行うのが基本です。
炭酸水を使ったり、オイルを使ったりする方法もあります。

血流をスムーズにするために頭皮をほぐしてあげましょう。髪や頭皮は傷付きやすいですから、優しく行うことが基本です。
濡れている状態だと傷付けやすいですから乾いた状態で行うほうが安心です。
頭頂部のほうが血流が滞りやすいですから、その辺を意識して下から上へマッサージをしましょう。

指の腹を使い、こめかみあたりから上に向かって円を描くようにマッサージしていきます。
ゴシゴシ擦るのではなく、指を頭皮に押し当てるようなイメージで優しく行いましょう。
少しずつ指をずらして下から上へと行っていきます。ヘアブラシを使って下から上にブラッシングをするという方法もあります。

炭酸水を使う方法の場合には、予洗いをするときに炭酸水を使うだけでも効果が期待できるので手軽です。
オイルを使うときには天然成分の肌に優しいものを使用しましょう。
オリーブオイルやセサミオイル、椿油やホホバオイルなどが利用できます。
天然成分の肌に優しいクレンジングオイルであれば、メイク落としだけでなく頭皮の汚れも落とすことができます。
乾いた状態でオイルを頭皮全体に馴染ませ、マッサージを行い、後はシャンプーで洗い流します。

セルフヘッドスパは思っている以上に手軽に行うことができます。
効果としては、頭皮に残った古い角質や毛穴に詰まった皮脂、スタイリング剤といったものを落としたり、血行がよくなることで頭皮環境の改善が期待できます。
ほかにも、リラックス効果やリフレッシュ効果、むくみやくすみへの効果、リフトアップ効果など、髪以外への効果についても期待することができます。